iPhone7に乗り換えで最大5万円のキャッシュバックを貰う方法とは!?

iPhone7に乗り換えで最大5万円のキャッシュバックを貰う方法とは!?

 

 

2016年秋シーズン(9月16日)に発売されたiPhone7・iPhone7Plusの2機種。

 

iPhone7だけでなくiPhoneシリーズは人気機種のため、なかなか価格の変動がないのでいつ契約をしても金額が高い状態です。

 

また、新規契約となると新作iPhoneとなり、旧機種は店舗に置いていない状態となるので、いつになっても契約料金は変わらないままになります。

 

しかし、キャリアにこだわらない方であれば、別キャリアにMNP(乗り換え)をすることで高額キャッシュバックを受けることができるようになります。

 

その高額キャッシュバックのおすすめの方法をこちらのページでご紹介いたします。

 

iPhone7に契約するならソフトバンクの販売代理店を使うべき理由

 

乗り換える際に、申し込み方法によっては高額キャッシュバックを貰うことができます。

 

高額キャッシュバックを貰う際は「Softbank販売代理店経由」での契約を当サイトでは強くオススメしています。

 

代理店経由で申し込むべき理由は大きく分けて3点あります。

 

理由1.「2年契約」と「MNP乗り換えキャンペーン」を併用できる

 

ソフトバンクを例に挙げますと、MNP乗り換えで2年契約をした場合、iPhone7・iPhone7Plusの端末料金が以下のように値引きされます。

 

iPhone7・iPhone7PlusをMNP乗り換えで2年契約(月月割)時の端末価格

 

  端末価格 月月割(2年契約) 実質端末価格
iPhone7 32GB 88080円 -77280円 10800円(+450円/月)
iPhone7 128GB 99840円 -77520円 22320円(+930円/月)
iPhone7 256GB 111840円 -77640円 34200円(+1425円/月)
iPhone7 Plus 32GB 99840円 -75360円 24480円(+1020円/月)
iPhone7 Plus 128GB 114000円 -77640円 36360円(+1515円/月)
iPhone7 Plus 256GB 126000円 -77760円 48240円(+2010円/月)

 

2年契約による端末値引きは新規契約と同じ金額の端末料金になるのですが、MNP乗り換えに比べるとキャンペーンの質がガクンと下がります。

 

それに対してMNP乗り換えはキャリア側からすると、「ライバルを減らし、顧客を増やす契約」となり、新規契約の2倍メリットがあるためより手厚いキャンペーンを受けることができるわけです。

 

いずれにせよ、2年契約特典、MNP乗り換えの特典両方を組み合わせればかなりお得に契約できるようになっていますね。

 

関連:乗り換えのみで適用されるソフトバンク公式キャンペーン

 

 

ですので、キャリアにこだわりがなければ毎回、新機種スマホを契約の際に「MNP乗り換え」ができるのでキャンペーンを最大限に使って端末価格が安くなるのですね。

 

docomoからソフトバンクに乗り換える手順!高額キャッシュバックを貰って乗り換えよう!

 

auからソフトバンクにMNPで乗り換える手順!キャッシュバックを貰って乗り換え!

 

理由2.インターネットからMNP乗り換えをすれば、さらに現金キャッシュバック

 

上記のキャンペーンの話は、あくまでSoftbankが公式で謳っているキャンペーンのことで、ネットのSoftbank販売代理店経由で契約すれば、更にお得に契約することができます。

 

当サイトでは「おとくケータイ.net」というソフトバンク販売代理店経由での契約をオススメしていますが、何故、代理店経由で契約すると安くなるのか説明します。

 

ソフトバンクは販売代理店にマージンを支払って新規契約開拓を依頼されています。

 

1件の契約当たり、数万円のマージンとなっていますが、Softbankの販売代理店は受け取ったマージンの何割かをお客さんにキャッシュバックとして還元しています。

 

その額、時期によって異なりますが2~5万円程度のキャッシュバックとなっています。

 

よって、Softbankの公式ページやSoftbankのオンラインショップで契約するよりおとくケータイ.netなどの販売代理店経由で契約することををお勧めします。

 

 

理由3.これまで使っていたスマホ端末がオークション等で売れる

 

おとくケータイ.net」などの非公式ながら契約実績のあるサイトでは、より多くの現金キャッシュバックを受けることができます。

 

ソフトバンクオンラインショップなどで契約し、特典を貰うためには、端末を買い取ってもらう事が前提となります。

 

それに対しておとくケータイ.netの場合は仲介料がソフトバンクから貰えるため、端末はそのままで「契約ボーナス」として現金キャッシュバックを受けることができるので、結果的にお得にSoftbankに乗り換えることができるわけですね。

 

つまり、高額キャッシュバックを貰いつつ、これまで使っていたスマホ端末をヤフオクやメルカリなどのオークションサイトで売ったり、端末買取サイトで端末を買い取ってもらうことで更に現金を得ることができるわけです。

 

 

端末をオークションで販売する方法はシンプルで、各ログインアカウント(ヤフオクならヤフーメール)を取得し、「出品」ボタンを押します。

 

 

そうすると出品画面は上記のような形式がほとんどになります。

 

タイトルには「iPhone7 本体」というキーワードを基本として「美品」「docomo」など、落札者が知りたいようなキーワードを入れます。

 

また、説明部分には「商品内容」「お支払い方法」「配送方法」などを入力して、その他は嘘偽りなく必要事項を記入していけばオークション出品が可能です。

 

これらが面倒だという方は「スマホ買取」を受け付けている店舗やインターネットサイトがあるので手間をとるか価格を取るかを比べてみると良いと思います。

 

 

理由4.電話番号はそのままでiPhone7に乗り換えられる

 

これは機種変更でも同じですが、電話番号を変えた場合、新たな番号を電話帳に登録している家族・友人などに送らなければなりません。

 

さらに、現在登録している公共機関などの電話番号の情報を変更する必要があります。

 

しかし、キャリアにこだわらなければ、機種変更の最大のメリットである「電話番号はそのまま」で1番お得にiPhone7・iPhone7Plusをゲットすることができます。

 

 

iPhone7のMNP乗り換えで「最大5万円」のキャッシュバックを受ける方法とは?

 

あなたがau・docomoユーザーでキャリアにこだわりがない場合「ソフトバンクのMNP乗り換えキャンペーン」で「最大5万円」のキャッシュバックを受けることができます。

 

その方法として「おとくケータイ.net」というサイトからMNP乗り換えを契約することで可能になります。

 

 

おとくケータイ.netを利用した場合のiPhone7・iPhone7Plusの端末価格

 

  端末価格 現金キャッシュバック 実質端末価格
iPhone7 32GB 10800円 25000円 0円(+14200円)
iPhone7 128GB 22320円 0円(+2680円)
iPhone7 256GB 22320円 9200円
iPhone7 Plus 32GB 34200円 0円(+520円)
iPhone7 Plus 128GB 36360円 11360円
iPhone7 Plus 256GB 48240円 11360円

 

 

おとくケータイ.netは右上の60秒お問い合わせフォームから、現金キャッシュバックの見積もりをすることから始めます。

 

まだ、MNP乗り換えの契約をする前にお問い合わせから「iPhone7」を契約の際のキャッシュバック金額を聞いて、それに納得して契約をする形となります。

 

 

 

※iPhone7シリーズは「匿名スマホ2016秋」になります

 

端末を渡す必要はなく、2万5千円〜3万円が相場のようです。違約金が多くかかってしまう方は「違約金が掛かってしまうのですが、いくらぐらいになるのでしょうか?」などと伝えると金額アップを受けてもらえる場合があるようです。

 

一見怪しいサイトですが、これまでに17万件の契約実績があるサイトですので、話を聞いてどのくらいの現金キャッシュバックキャンペーンを受けられるのかを聞くだけでもお得だと思います。

 

端末は残っていますので、その端末をオークションなどで売ることで2万5千円になれば、最大5万円の現金キャッシュバックを受ける事ができます。

 

iPhone7 のMNPで乗り換えキャッシュバックサイトを利用する際の注意点

 

注意点1. MNP乗り換えの時に違約金が掛かる

 

MNP乗り換えの際、2年契約月(1ヶ月間)のちょうどよいタイミングでないと「9500円」の違約金が掛かってしまいます。

 

 

AuのMNP事務手数料

 

 

  MNP事務手数料
au 3000円+契約解除料(端末分+0円or 9500円)

 

 

docomoのMNP事務手数料

 

  MNP事務手数料
Docomo 3000円+契約解除料(端末分+0円or 9500円)

 

他社からソフトバンクに乗り換えたら違約金はどうなる??全額負担してくれるって本当??

 

また、2年契約が続いている状態だと、残りの端末料金に加え、最新機種であれば「端末違約金」が掛かりますし、事務手数料として3000円がかかります。

 

2年契約月のタイミングは1ヶ月しかないので、最低でも9500円+約3000円=約12500円掛かることを念頭に置いておくと良いと思います。

 

参考:au「MNPau購入サポート」契約解除料

 

参考:Docomo 端末購入サポート

 

 

注意点2. キャリアメールがソフトバンクに変更になる

 

現在のキャリアメールがAuの方であれば「@ezweb.ne.jp」、docomoの方であれば「@docomo.ne.jp」がSoftBankになり「@softbank.ne.jp」になります。

 

面倒な点といえば、電話帳に登録している方々にアドレス変更の一斉送信メールを送ることが必要になります。

 

最近ではLINEアプリなどSMSアプリが主流になってきていますので、一斉送信メールが面倒でない方であれば問題ないと思います。

 

注意点3. au・docomoの家族割(ファミリー割引)が受けられなくなる

 

家族がau・docomoユーザーで家族割(ファミリー割引)に入っている方であれば、基本使用料が25%OFF、2年契約で最大50%OFFになります。

 

もし現在、家族割(ファミリー割引)に入っていて、その人数が自分を合わせて2人であれば、家族と相談してから決めると良いでしょう。

 

まとめ

 

こちらではiPhone7・iPhone7Plusシリーズで「最大5万円」のキャッシュバックを貰う方法をご紹介いたしました。

 

その方法というのがソフトバンク仲介サイト「おとくケータイ.net」でMNP契約をすることで、25000円〜30000円のキャッシュバック。

 

さらに現在使っている端末をオークションなどで売ることで、合計5万円の現金収入を目指すというやり方になります。

 

iPhone7に乗り換える際、おとくケータイ.net経由で乗り換えるとお得に契約できますので、おすすめします。