MNPとは??MNPをサルでもわかるように解説してみた

MNPとは??MNPをサルでもわかるように解説してみた

 

 

 

ここ最近ソフトバンクがキャンペーンを打ち出したため、au やdocomoのユーザーが「SoftBankに乗り換えようかな…」と思う方も多くなっているようです。

 

しかし、これまでずっとdocomoだった、auだったという方に取っては機種変更の方法というものは馴染みの深いものではありません。そこで、機種変更のための予備知識としてまずは「MNP」のシステムについて知っておく必要があります。

 

はたしてMNPとはどんな機能なのでしょうか。また、MNPをやるタイミングとSoftbankなどに機種変更する場合、どのような手順でやればよいのでしょうか?

 

こちらのページでご紹介していきたいと思います。

 

MNPとは??

 

MNPとは「Mobile Number Portability」の略称で、意味は「電話番号を変えずに携帯会社を変える事」になります。手順としてはまず、今契約している携帯会社から「MNP予約番号」を取得します。(この時点でその会社では継続利用できなくなります)

 

WEB(インターネット)で取得する場合

 

  携帯から PCから 受付時間
au なし なし なし
Softbank

My SoftBank⇒各種変更手続き⇒MNP
予約関連手続き

 

My SoftBank⇒各種変更手続き⇒MNP
予約関連手続き

 

9:00~21:30
docomo

i-menu⇒お客様サポート⇒お申込・お手続き⇒各種お申込・お手続

 

Ny docomoへログイン 24時間(メンテナンス時を除く)

 

 

  携帯から PCから 受付時間
au なし なし なし
Softbank *5533 0800-100-5533 9:00~20:00
docomo 151 0120-800-000 9:00~20:00

 

(参照:au MNP予約番号の取得方法)

 

MNPは店舗・WEB(インターネット)・電話の3種類の取得方法があり、auは店舗のみでのMNP取得が可能となっています。

 

電話やインターネットの方が簡単に取得できるのですが、よく分からない場合や近くに店舗がある場合は店舗で直接やってもらったほうが簡単だと言えます。

 

店舗でのMNP受付時間も店舗ごとに異なるようなので、早めの営業時間に行っておくと良いですね。

 

MNP番号の有効期限

MNP予約番号の有効期限

au

発行日を含めた15日間

Softbank

docomo

 

 

 

MNPを予約すると「MNP予約番号」というものが取得でき、それを新たに登録したい携帯会社に持っていくことでMNPが完了する形となります。

 

MNP予約番号には有効期限があり、どのキャリアも発行日を含めた15日間(約2週間)となります。

 

また、有効期限が過ぎるとその電話番号は取得できず、キャッシュバックキャンペーンなどのお得なキャンペーンが受けられなくなりますのでご注意下さい。

 

MNPにかかる手数料は??

 

  MNP手数料
au 3000円+契約手数料(0円or9500円)+端末代金
Softbank 3000円+契約解除料(0円 or 9500円)+端末代金
docomo 2000円+契約解除料(0円or 9500円)+端末代金

 

 

 

 

MNPを予約すると「事務手数料」と「契約解除料」というものが掛かります。

 

事務手数料というのは、そのままはMNPを変更する料金で、au・docomoなら2000円、SoftBankなら3000円です。

 

そして、契約解除料というのは2年更新となっているAu・Docomo・SoftBankの更新する月(1ヶ月間)の間にMNPを取得しなければ、事務手数料が掛かってしまいます。

 

この1ヶ月間の間にちょうど機種変更をする方も少ないので、基本かかる料金と思っていたほうが良いようです。

 

ちなみに、SoftBankの場合はプランにより若干安くなったり、キャンペーンで契約解除料がかからない期間が2ヶ月に伸びたりするキャンペーンがある場合があるので注意が必要です。

 

しかし、どのキャリアも基本的には9500円と覚えておくと良いです。

 

さらに端末セットで2年契約をしている途中でMNP予約を行う場合は、当たり前ですが残り端末料を支払う必要がありますので、そちらもご注意下さい。

 

MNPをするメリット

 

MNPをするメリットを調べて書いてほしいです(例:キャッシュバックが貰える、特典が貰える、携帯一括0円で手に入るなど)

 

MNPを予約取得するメリットとしては以下の様なキャンペーンを受けることができます。

 

  • ◯店舗で新規端末のキャッシュバックキャンペーン
  • ◯MNP0円端末キャンペーン
  • ◯WEB高額キャッシュバックキャンペーン
  • ◯家電量販店でキャッシュバックでさらにポイント還元
  • ◯インタ−ネット回線と同時契約でさらにキャッシュバック

 

 

MNPを予約取得することで、他社へ移行する際に様々なキャンペーンを受けることができます。

 

多くは他社携帯会社での端末キャッシュバックキャンペーンになります。その多くは0円~2万円のキャッシュバックを行っている店舗が多いようです。

 

しかし、インターネットならば3万円~5万円のキャッシュバックを行っている場合があったり、家電量販店でも携帯会社が入っているので、キャッシュバック+還元ポイントが付けられるのでお得です。

 

SIMフリー端末+格安SIMも最近流行っていますが、キャリアメール(docomo.co.jpやSoftbank.ne.jpなど)が使えなくなったり、カケホーダイが使えなくなったりスルので一長一短ではあります。おすすめはやはりインターネットでのMNP高額キャッシュバックキャンペーンですね。

 

MNPをするデメリット

 

(文字数が足りなかったら)au、docomo、SoftbankのMNPの方法を簡易的に書く(詳しくはこちらで内部リンクとして飛ばす予定)

 

一方、MNPをするデメリットとしては以下の様なものがあります。

 

  • ●欲しい端末が、キャッシュバックを受けられない端末の場合がある
  • ●タイミングよくMNP取得をしないと、1万円以上掛かってしまう
  • ●2年契約の途中だと、残り端末料金を払う必要がある
  • ●一度取得すると他社に乗り換えないとキャンペーンが受けられない

 

簡単に言うと、MNPを安易に予約取得して、失敗するとお金が掛かってしまうという事です。

 

基本的に端末とセットで2年契約をした場合は、2年更新時(1ヶ月間)でMNP取得をするのが適切です。

 

しかし、逆に良いキャンペーンと欲しい端末があれば、9500円を支払ってでもすぐにMNP取得をした方がお得な場合があります。

 

そして、MNP取得をしたからには、「他社」への乗り換えをしないとキャンペーンが受けられない事がほとんどなので、その点は覚悟をしてMNP取得をしてみて下さい。

 

もしSoftbankにMNPで乗り換える予定の方は「他社からソフトバンクに乗り換えたら違約金はどうなる??全額負担してくれるって本当??」で乗り換える際に違約金を負担させる方法について記載しましたので是非参考にしてみてください。

 

同様に

 

現在docomoの方は→「docomoからソフトバンクに乗り換える手順!高額キャッシュバックを貰って乗り換えよう!

 

現在auの方は→「auからソフトバンクにMNPで乗り換える手順!キャッシュバックを貰って乗り換え!

 

 

上記の方法が乗り換える手順となっておりますので、是非とも参考にしてみてください。

 

まとめ

 

MNP予約取得は新たに欲しい機種が出てきた時、またキャリアにこだわりがそこまでない方にとっては新規端末を安く購入できる方法の1つです。

 

しかし、キャッシュバックを受けられない端末があったり、キャンペーンがない店舗でMNP乗り換えをしてしまうと全くキャンペーンを受けられなかったりします。

 

また、MNPは2年契約の月でなければ2000円~3000円のMNP手数料+契約解除料(0円or9500円)が掛かってしまいます。

 

しかし、途中解約しMNP取得をしてでもお得なキャンペーンがある場合も多々あります。

 

ですので、タイミングや受けたいキャンペーン・欲しい端末をしっかり吟味し、そのタイミングを逃さないようにMNP乗り換えにチャレンジしてみて下さい。