携帯乗り換えをお得にする方法とは??乗り換え時期を徹底解説!

携帯乗り換えをお得にするキャンペーン!?乗り換え時期・方法を徹底解説!

 

 

 

 

携帯電話を乗り換える際に「タイミング」というものがあります。

 

携帯が故障したり、契約期間が来たり・・・。

 

そこで、今回、携帯電話を乗り換えるタイミングとお得に乗り換える方法に関して徹底的に解説をしましたので参考にして頂けたらと思います。

 

携帯をお得に乗り換える方法

携帯をお得に乗り換える方法を徹底的に解説しました。

 

  • 乗り換え代理店経由で乗り換え
  • 携帯ショップで乗り換え
  • 家電量販店内のカウンター

 

 

乗り換え代理店経由で乗り換え

ソフトバンクに乗り換える場合は、乗り換え代理店経由での乗り換えをおすすめしています。

 

auやdocomoは携帯乗り換え代理店がありませんが、Softbankの場合、代理店の営業力を駆使してauやdocomoから何としても顧客を引っ張ってこようという意図があります。

 

Softbankは代理店に1件の顧客を獲得ごとに多額のマージンを渡しています。

 

各代理店はそのマージンのうちの一部をキャッシュバックに充てるため、代理店経由で契約すると結果的に私たちも多額のキャッシュバック特典を貰うことができます。

 

そこで、当サイトオススメの携帯乗り換え代理店を紹介いたします。

 

当サイトおすすめの携帯乗り換え代理店

 

 

おとくケータイ.net

  • お客様満足度No.1(ソフトバンクモバイルの調査)
  • 来店予約をすることで待ち時間がほぼ0
  • 全国に店舗あり
  • お友達紹介で更にキャッシュバック料金5000円追加

 

最大キャッシュバック額 20000円~30000円
店舗数 26店舗
おすすめ度 ここに説明文を入力

 

 


 

Softbank Online Shop

 

  • 公式なので信頼性はある
  • キャッシュバックが貰えないため損する
  • 店頭での待ち時間が長い

 

最大キャッシュバック額 1万円前後
店舗数 -
おすすめ度

 

 


 

 

当サイトでは評判の良さ・スタッフの対応の良さ・キャッシュバックで貰える金額面でおとくケータイ.netでの契約をおすすめします。

 

 

 

携帯ショップで乗り換え

Softbankで乗り換える際は、上記のように携帯乗り換え代理店で乗り換えることをお勧めしますが、au、docomoに乗り換える場合は携帯ショップでの乗り換えをおすすめします。

 

>>>Softbankショップ<<<

 

>>>auショップ<<<

 

docomoショップ

 

全国のショップを上記のリンクから探すことができます。

 

携帯ショップで乗り換えるメリット

携帯ショップ(auショップ、docomoショップ、Softbankショップで乗り換えるメリットは、「店員さんの話を聞いたうえで契約できる点」です。

 

インターネット上で契約するとどうしても不安が残りがちです。

 

その点、携帯ショップ経由で契約すれば、店員さんの話を聞いたうえで納得して契約できます。

 

ただし販売店が有利になるようなポジショントークが多いので、不利な契約でもついつい契約しがちになってしまいますので注意してください。

 

家電量販店内のカウンター

特に携帯ショップとメリット、デメリットは変わりません。

 

携帯ショップと家電量販店のカウンターのうち自宅から近い方で契約するとよいでしょう。

 

携帯を乗り換える時期は??

  • 契約更新月が来た人
  • 最新の機種を手に入れたい人
  • 月々の携帯料金を安くしたい人

 

契約更新月が来た人

大手キャリアの契約期間の基本は「2年契約」となっています。

 

また、契約更新月は契約してから25か月目と26カ月目の2カ月間となっています。

 

この期間内に解約・そして乗り換えをしなければ「解約金9500円」かかってしまうので気を付けてください。

 

最新機種を手に入れたい方

iPhone7などの最新機種を手に入れたい場合、乗り換えたほうがお得に契約できる場合が非常に多いです。

 

どれくらい異なるのか携帯ショップや上記でおすすめしている携帯代理店に確認してみることをお勧めします。

 

月々の携帯料金を安くしたい方

パケ放題きゃんぺーんだと月々の携帯料金が7000円~12000円(あるいはもっと)固定費としてかかっている方も少なくないと思います。

 

乗り換えることで、料金を見直すことができますし、キャッシュバック特典を適用して結果的に月々安く利用できるようになるケースも多々あります。

 

1~2万円ほど異なる場合もありますので。必ず携帯ショップに確認しましょう。

 

違約金が発生した場合どうすればよいのか??

大手キャリアであるau、docomo、Softbankから乗り換える際に違約金が発生します。

 

違約金としてかかる金額
解約金 9500円
端末残高 0~数万円
MNP費用 2000円~3000円

 

上記の違約金がかかってきます。

 

解約月かつ、端末の未払金がない場合、無償解約(MNP費用だけ掛かる)することができます。

 

しかしならが、タイミングよく解約できずにある程度の解約金がかかってくるケースがほとんどだと思います。

 

かといって「解約金を負担する」と公言している大手キャリアもありません。

 

そこで当サイトでおすすめしているのは「他社からソフトバンクに乗り換えたら違約金はどうなる??全額負担してくれるって本当??」で詳しく解説していますが、乗り換えの際にキャッシュバックキャンペーンをつかって

 

違約金を負担することをオススメしています。

 

au、docomoに乗り換える際はキャッシュバックキャンペーンを行っていなケースもあるのでSoftbankの乗り換える場合のみ確実に出来る技です。

 

携帯のキャリアに変えるとき携帯番号はどうすればいいの??

キャリアを乗り換える際に「携帯番号が失効してしまうのでは??」と不安に思う方もいるかもしれませんが、その場合「MNP」をすれば携帯番号そのままで乗り換えることが可能となります。

 

MNPとは??

MNPとは、Mobile Number Portabilityの略で、携帯番号そのままで乗り換えることを表しています。

 

もしMNPをせずにそのまま携帯を他社に乗り換えてしまうと、携帯番号が変わってしまいます。

 

すると、携帯電話の番号が変わったことを連絡帳を介して知り合いに伝えなければならず、非常に不便です。

 

また、連絡のすれ違いにより連絡が取れなくなる人が出てしまうというリスクがあります。

 

よってキャリアを変えるときは基本的にMNPをすることをおすすめします。

 

なお、MNPにかかる費用は以下のようになっています。

 

キャリア名 MNP費用
docomo 2000円
au 3000円
Softbank 3000円

 

上記がdocomo、au、SoftbankのMNPにかかる費用となります。

 

 

まとめ

以上が携帯を乗り開けるときの時期・キャンペーンとなります。
携帯を乗り換える際は極力キャンペーン特典が貰えるところからの契約をお勧めします。