SoftbankにMNPをして一括0円でiPhoneを購入可能なのか??

SoftbankにMNPをして一括0円でiPhoneを購入可能なのか??

 

 

「現在はau ・docomoユーザーだが安くiPhone7をゲットしたい!」という方に朗報。

 

新規契約もしくはauやドコモといった他社からSoftbankに乗り換えることによって

 

今回はiPhone7を一括0円で購入する手順について詳しく解説していこうと思います。

 

目次

 

SoftbankでiPhone7を一括0円で購入する方法

 

SoftbankのiPhone7&iPhone7Plusを一括0円で購入する方法について解説していきます。

 

Softbankの携帯販売代理店のキャッシュバック特典を利用する

SoftbankショップでiPhoneを購入する際に、店舗によっては「キャッシュバックキャンペーン」を受けることができます。

 

しかしながら、どの店舗でもやっているというわけではなく、競合が多い店舗のみで、しかもさほど高額ではないキャッシュバック特典での場合が多いです。

 

それに対して、ソフトバンクのWEB販売代理店経由であれば、「3~5万円前後の高額キャッシュバック」を貰うことができます。(一番オススメの乗り換え方)

 

 

当サイトではおとくケータイ.net経由での契約をオススメしています。

 

<おとくケータイ.net経由でMNP移行をする>

 

「おとくケータイ.net」はソフトバンク機種取扱いの販売代理店でインターネットキャッシュバックサイトとして「お客様満足度No.1」の実績があるサイトです。

 

 

対象機種はあるのですが、機種下取りではなく「MNP乗り換えのみでキャッシュバック」を行っている有名なサイトです。

 

>>>おとくケータイ.netの公式HPはこちら<<<

 

Softbankへの新規・乗り換え(MNP)での端末価格

 

  端末価格 月月割(2年契約) 実質端末価格
iPhone7 32GB 88080円 -77280円 10800円(+450円/月)
iPhone7 128GB 99840円 -77520円 22320円(+930円/月)
iPhone7 256GB 111840円 -77640円 34200円(+1425円/月)
iPhone7 Plus 32GB 99840円 -75360円 24480円(+1020円/月)
iPhone7 Plus 128GB 114000円 -77640円 36360円(+1515円/月)
iPhone7 Plus 256GB 126000円 -77760円 48240円(+2010/月)

 

まず、通常au・docomoからSoftbankへ新規(MNP)で移行をした場合、ホワイトプライン+月月割(2年契約)で大幅にiPhone7・iPhone7Plusの端末価格が割引されます。

 

そして、このMNP移行は「おとくケータイ.net」でするとさらに「現金キャッシュバック」(下取り必要なし)が付いてくるようになります。

 

 

おとくケータイ.netを利用した場合のiPhone7価格

 

端末価格

現金キャッシュバック

実質端末価格

iPhone7 32GB

10800円

25000円

0円(+14200円)

iPhone7 128GB

22320円

0円(+2680円)

iPhone7 256GB

34200円

9200円

iPhone7 Plus 32GB

24480円

0円(+520円)

iPhone7 Plus 128GB

36360円

11360円

iPhone7 Plus 256GB

48240円

23240円

 

こちらの表から分かる通り、iPhone7/32GBとiPhone7/128GBとiPhone7/Plus 32GBの3機種ならば「実質0円」でiPhone7をゲットすることが出来ます。

 

 

おとくケータイ.netは最も有名なインターネットキャッシュバックサイトで、累計17万件の契約実績があるサイトです。

 

契約の際はまず「60秒お問い合わせフォーム」での査定が基本となっており、無料で金額を問い合わせてから、契約するかしないかを決めると良いと思います。

 

 

au、docomoからMNPをする際の違約金を減らす方法

 

Au・docomoユーザーで2年契約の途中でMNP移行をする際、12~14ヶ月以内の場合は「違約金」というものが掛かってしまいます。

 

では、この違約金を減らすにはどのような事に注意しなければいけないのでしょうか。

 

端末代金を支払い終えてから乗り換え

 

 

まず違約金の価格ですが、auの場合は最新機種に限り「契約解除料」というものが掛かってきます。

 

au「MNP au購入サポート」契約解除料

 

12ヶ月以内に端末価格の支払いを完了せずにMNPを行った場合、最大2万円・最低10870円の違約金が取られてしまいます。

 

Docomo 端末購入サポート

 

また、docomoでも14ヶ月以内(開通日の翌月1日から12ヶ月を越えるまで)の場合に
「契約解除料」として最新機種のみではありますが、3万円~4万円の違約金を支払う必要があります。

 

この違約金を支払わないためにも、au・docomoユーザーの方で2年契約を実施中の方は14ヶ月を超えてからMNP移行を検討してみてください。

 

関連:docomoからソフトバンクに乗り換える手順!高額キャッシュバックを貰って乗り換えよう!

 

関連:auからソフトバンクにMNPで乗り換える手順!キャッシュバックを貰って乗り換え!

 

契約更新月に乗り換え

 

実は契約解除料は端末のみではなく、「2年契約月(1ヶ月以内)」ちょうどにMNPを行わないと9500円の違約金が掛かってしまいます。

 

キャリア MNP事務手数料
au 3000円+契約解除料(端末分+0円or 9500円)
docomo 2000円+契約解除料(端末分+0円or 9500円)

 

この2年契約月(1ヶ月以内)の詳細はau・docomoのサポートの方で聞くことができますので、「9500円が掛からないのはいつですか?」と質問して把握しておくと良いです。

 

 

しかしながら、わずか一月しかないタイミングで逃すことも多いですし、「おとくケータイ.net」や「Softbankオンラインショップ」のキャンペーンも期間限定です。

 

ですので、iPhone7にどうしてもMNP移行したい場合はどちらかのキャンペーンに「14ヶ月以降」のタイミングならば、契約を検討するのが良いと思います。

 

おとくケータイ.net経由でSoftbankにMNPをする方法

 

Softbankオンラインショップの契約方法はこちらでご紹介しておりますので、このページでは「おとくケータイ.net」でのMNP方法をご紹介いたします。

 

<おとくケータイ.netのMNP移行の手順>

 

おとくケータイ.netの場合はトップページの一番上(もしくは一番下)から「お問い合わせフォーム」よりMNP移行の手続きを開始します。

 

 

 

すぐにお問い合わせフォームがでてきますので、必要情報を入力していきます。

 

 

iPhone7は「匿名スマホ2016秋」に分類されるようです。

 

質問などがあれば記入をし、最後に入力内容を確認するを押して、おとくケータイ.netからの連絡を待ちます。

 

この時、すでにau・docomoにてMNP予約番号はまだ受け取らず、先に「お問い合わせ」として、キャッシュバック額を聞いておくことをおすすめします。

 

 

まとめ

 

Au・docomoからSoftbankへMNPでiPhone7を購入する場合、やはり一括ではなく月月割(2年契約)をした方が安いことが分かります。

 

また、それだけではなく「おとくケータイ.net」やを仲介することで、キャッシュバックキャンペーンを受けることができます。

 

>>>おとくケータイ.netの公式HPはこちら<<<

 

2年契約中の方は端末違約金(14ヶ月以内で発生)に注意し、9500円の違約金がかからない月を把握しつつ、MNP移行を検討されると良いと思います。

 

キャンペーンは期間限定なので、すぐにiPhone7・iPhone7Plusが欲しい方はこの機会を逃さないように早めの契約、お問い合わせをするようにしてみて下さい。